メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 分野別インデックス 環境・防災 防災 名取市災害時要援護者支援制度

名取市災害時要援護者支援制度

名取市災害時要援護者支援制度

~災害時などに高齢者や障がい者を地域で支援する制度~

災害時の教訓

 東日本大震災や近年の豪雨災害では、多数の人が亡くなり、そのうち65歳以上の高齢者が占める割合が高い状況にあります。
 災害発生後、消防や警察は、交通手段のまひも重なって、本来の機能を果たすことが困難となります。

大規模災害発生の危惧

 世界各地で起きている災害、国内でも大きな被害(地震・津波・土砂崩れ・台風・竜巻・ゲリラ豪雨・大雪など)が出ています。

支援が必要な人の情報収集

 一部の町内会では自主防災組織を中心に、防災・福祉マップの作成など、実態把握を行っていますが、まだ、多くの地域ではプライバシーの問題もあり、進んでいません。

地域で安心して暮らすために

 災害発生時に近所の人や地域の自主防災組織などにより、救援のできる支援体制を築くため、台帳の作成や支援者との結びつけなどの環境を整備することを目的としているのが災害時要援護者支援制度です。

ふれあい豊かな「きずな」社会を目指します

 災害時要援護者には、災害時はもとより普段の生活の中で地域との交流や近隣による見守りが必要です。
 この制度を築いていく中で、要援護者を守ることのできる、地域住民同士の結びつけとお互いに助け合える地域づくりを目指します。

要援護者とは・・・

  1. ひとり暮らし高齢者または高齢者のみの世帯の人
  2. 寝たきり高齢者または認知症高齢者 
  3. 身体障がい者 
  4. 知的障がい者 
  5. 精神障がい者 
  6. 常時特別な医療などを必要とする在宅療養者

具体的に以下の人も対象になります

  • 移動が困難な人や時間のかかる人
  • 理解や判断ができない人 
  • 情報の収受が困難な人 
  • 精神的に不安定になる人 
  • 薬や医療装置がないと生活できない人 
  • 家族などの支援が困難で支援を受けたい人

支援のための台帳を作成します

 この制度では、災害時などにおいて、地域の皆さんに何らかの支援を希望する人の台帳(災害時要援護者支援台帳)を作成します。
 ただし、台帳への登録は、非常時に備えて、個人の情報を地域の皆さんに開示することに同意する人とします。
 開示する内容は住所、氏名、生年月日、電話番号、自主防災組織名、担当民生委員名、緊急時の親族などの連絡先(ひとり暮らしの人)、そのほか災害時に役立つと思われることなどです。

民生委員による調査

 民生・児童委員が個別訪問して台帳を作成するための調査(同意確認作業)を行うことがあります。

援助希望者は申し出てください

 要援護者に該当しない高齢者や障がいのある人でも、家族などの支援が困難なため非常時には周囲の人の助けがほしいと思われる人は、社会福祉課に相談してください。

地域の人たちに開示して見守っていただきます

 作成した台帳は、関係機関、民生・児童委員、自主防災組織代表者、社会福祉協議会、町内会・自治会などの地域支援者に開示し、普段から見守りと災害が発生した時に支援するために役立てられます。

 ※問い合わせは、社会福祉課庶務係(一階・内線142・143)へ。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:社会福祉課
電話:022-384-2111