メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 分野別インデックス くらし・教育 届出・登録 土地・建築 住居表示地区へ建物を新築したときは

住居表示地区へ建物を新築したときは

住居表示実地区内に建物を新築したとき、または古い家を建て直したときは、「建物等新築届出書」の提出が必要です。

この届出により建物へ住所が付番されることで、はじめて住所および所在地(事務所、事業所など)として表示が可能となり、その住所への転入届や転居届ができるようになります。

記載例 124.20 kB

※添付書類として位置図、配置図、平面図も必要です。

「建物等新築届出書」を提出いただきましたら、後日、住居番号をお知らせします。届出から住居番号決定まで1週間程度かかりますので、住所変更が必要な場合は余裕をもって提出してください。

住居表示地区の新築物件へ入居される方へ

この届出が完了するまで転入届や転居届を行うことができませんので、事前に建築主様や施工主様などへ、届出が終わっているかどうかについて確認いただくようお願いいたします。

名取市住民表示地域
地区 実施年月日
名取が丘 一丁目から六丁目 昭和50年4月1日
閖上 一丁目から七丁目(※) 昭和53年4月1日
増田 一丁目から九丁目 昭和54年3月1日
箱づか(※) 一丁目から二丁目 昭和55年9月1日
飯野坂 一丁目から七丁目 昭和57年3月1日
植松 一丁目から四丁目 昭和57年3月1日
小山 一丁目から三丁目 昭和57年3月1日

※閖上地区への建築には許可申請が必要となります。関連ページ

※箱づかの「づか」は、「塚」のつくり左部2線にまたがって1線のあるもの

住居表示地域の表記の仕方については,〇〇 〇丁目△番△号
例:名取が丘一丁目1番1号  となります。

上記以外の地域については、土地の地番を用いて住所を表示します。
例:愛島笠島字弁天19番地の3

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:市民課
電話:022-384-2111