メインコンテンツへスキップ

印鑑登録のはなし

「印鑑登録」とは、手持ちの印鑑をあなた個人のものとして公に立証するために登録することです。そして、その登録された印鑑の印影であるかどうかを証明するのが「印鑑証明」です。

軽い気持ちで印を押したために後で大損害を被ったり、裁判ざたになったり、一生を棒にふることさえ起こりかねません。それほど重要な印鑑登録・印鑑登録証明書ですので、その手続きも慎重を期して行っています。

登録できる人の条件

名取市に住民登録している15歳以上の人(未成年者は父母の同意書が必要)です。
ただし、成年被後見人となっている人は登録できません。

こんな印鑑は登録できません

どんな印鑑でも印鑑登録できるわけではありません。次のような印鑑は登録できないので、ご注意ください。

  1. 住民基本台帳に記載してある氏名、または通称名、あるいは氏、名、氏と名の頭文字を組み合わせた印ではないもの。
  2. 氏名以外の職業・資格などを表しているもの。
  3. ふちのないもの、文字が白抜きになっているもの。
  4. 印影が不鮮明、ふちや文字が欠けているものや摩耗しているもの。
  5. ゴム印、そのほか印形の変化しやすいプラスチックなどでできたもの。三文判や機械彫印など同一の印鑑が多量に作られているもの。
  6. すでにほかの人が印鑑登録しているもの。
  7. 印影の大きさが、一辺が8ミリの正方形に収まるものや25ミリの正方形に収まらないもの。

登録の仕方

  • 印鑑登録は、財産にかかわる大切なものですから、本人が直接市役所で手続きをするのが原則です。
  • また登録方法によって手続きに要する日数も異なります(以下の早見表を参照)。
  • 登録は1人1個です。
早見表 10.86 kB

本人が窓口にきて登録する場合

その1「運転免許証などによる方法」

(1)登録する印鑑、(2)本人であることが確認できるもの(運転免許証、写真付きの官公署で発行した許可証や身分証明書、在留カード、特別永住者証明書)が必要です。

その2「保証人からの保証による方法」

上記(2)に該当するものを持っていない場合は、保証人から本人に間違いない旨を保証してもらう方法もあります。

ここで言う保証人とは、「すでに名取市で印鑑登録をしている人」のことです。窓口にある申請書の「保証書欄」に、保証人が住所・氏名・登録証番号などを記入し、登録印鑑を押印することで、登録者本人を保証してもらいます。

登録手続きには、保証してもらった申請書と登録する印鑑が必要です。

その3「郵便照会による方法」

その1・その2の方法で手続きができない場合は、郵便照会の方法があります。

まずは、登録する印鑑を持って、窓口で印鑑登録申請を行います。申請を受け付けした後、市役所から本人あてに照会書を郵送します。

書類が届いたら照会内容を確認し、本人が自署・押印をします。その後、回答書と健康保険証などの官公署発行の身分証明書、印鑑を市役所に持ってきて手続きをしてください。

代理人による登録をする場合

本人がどうしても市役所へ手続きに来ることができない場合は、代理人による方法もあります。代理人による申請の場合には、

(1)登録したい人の印鑑
(2)委任状または代理人選任届(いずれも申請者本人が自署・押印したものに限る)
(3)代理人の印鑑が必要です。

代理人は、(1)~(3)を持って、窓口で登録申請を行います。受け付けした後は、郵便照会による本人確認を行います。市役所から本人あてに照会書を郵送しますので、内容を確認し、本人が自署・押印をしてください。

最後に、本人または代理人が、回答書、健康保険証などの官公署発行の身分証明書、自分の印鑑を市役所に持ってきて手続きをしてください。

印鑑証明書のとり方

印鑑登録が完了すると、印鑑登録証(印鑑登録カード)が発行されます。印鑑証明書をとるときは、必ずこのカードが必要です。窓口に来た人は、申請書に必要事項を記入の上、印鑑登録カードを添えて交付請求してください。
※問い合わせは、市民課市民係(1階・内線116)へ。

申請書は以下のページからダウンロードできます。
「印鑑登録をするときは」

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:市民課
電話:022-384-2111