メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 分野別インデックス くらし・教育 各種税金 都市計画税 平成18年度から地籍調査が終了した土地の固定資産税・都市計画税の課税地積を登記地積に変更します

平成18年度から地籍調査が終了した土地の固定資産税・都市計画税の課税地積を登記地積に変更します

固定資産税および都市計画税における土地の課税地積は、登記簿に登録されている地積(登記地積)を用いるのが原則ですが、名取市では地籍調査で地積が増えても、未調査地区との税負担の均衡を考慮し、増税しない例外的な取り扱い(地籍調査前地積を課税地積とする)をしてきました。

昭和48年に堀内地区から始まった地籍調査事業も、平成17年中には増田地区の登記手続きが済み、市街化区域のほぼ全域について地籍調査事業が完了します。このことを受けて、平成18年度からは例外的な取り扱いを廃止し、原則どおり地籍調査後の登記地積で課税を行います。
平成17年1月1日時点において該当する納税義務者の方には、後日、変更に関するお知らせを郵便でお届けする予定です。
※問い合わせは、税務課固定資産税係(1階・内線162・163)へ。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:税務課
電話:022-384-2111