メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 分野別インデックス くらし・教育 健康 その他 高額医療・高額介護合算療養費制度について

高額医療・高額介護合算療養費制度について

医療保険の自己負担額と、介護(予防)サービスの自己負担額(高額療養費・高額介護サービス費が支給されてもなお残る自己負担額)を合計して一定の金額(限度額)を超える場合に、申請によりその超えた金額を払い戻しする制度(高額医療・高額介護合算療養費制度)です。

※該当する方には、高額介護合算療養費等支給申請書をお送りします。

支給額の計算について

毎年8月1日から翌年7月31日まで(以下、「計算期間」という)の間に医療費と介護サービス費の両方に自己負担のある世帯が対象となります。
どちらか一方にしか自己負担の無い世帯は対象とはなりません。

(1) 世帯ごとに計算します。同一世帯でも、加入している医療保険が異なる場合は、それぞれで計算します。
(2) 計算期間中に支払った医療保険・介護(予防)サービスの自己負担額が「自己負担限度額一覧表」中の限度額を引いて算出した額を超える場合に、その超えた額を支給します。

 (3) 70歳未満の方と70~74歳の方が同じ世帯の場合は、まず70~74歳の方の自己負担の合算額に70~74歳の限度額を適用した後、なお残る自己負担額と70歳未満の方の自己負担額の合算額に70歳未満の限度額を適用します。
(4) ただし、高額療養費・高額介護サービス費の算定対象とならない費用の額(保険給付の対象とならない費用や食事代など)や公費負担が受けられる額は算定対象となりません。
(5) 2で計算した支給額が500円以下の場合は支給されません。
(6) 医療費助成を受けている方については、支給額の計算は助成を受ける前の自己負担額をもとに計算しますが、計算の結果支給対象となった場合は、支給額と助成額との間で調整が行われます。

申請受付窓口

名取市健康福祉部保険年金課(市役所1階)

申請の際に持参するもの

  • 印鑑(認印で可、ただし朱肉を使わないタイプは不可)
  • 国民健康保険被保険者証(世帯内でお持ちのどなたかのもの)
  • 後期高齢者医療制度被保険者証(世帯内でお持ちの方全員分)
  • 介護保険被保険者証(世帯内でお持ちの方全員分)
  • 預金通帳(国民健康保険の方は世帯主のもの、後期高齢者医療制度の方はそれぞれの方のもの)
  • (※に該当する方)自己負担額証明書
    ※計算期間中に加入する医療保険が変更となった方、または他市町村から転入された方は、変更前の医療保険者や転入前の医療保険者が発行する「自己負担額証明書」をお持ち下さい。

※申請後に合算計算をするため、申請された時点では支給となるか否かはわかりません。申請された場合は、支給不支給に関わらず、後日決定通知書をお送りします。

計算期間中に、転出または社会保険加入により名取市国民健康保険の資格を喪失した人は

保険年金課に申請し自己負担額証明書の交付を受け、平成26年7月31日に加入している医療保険者に支給申請をしてください。

問い合わせ

医療保険に関すること、申請に関すること

  1. 国民健康保険の被保険者
    • 保険年金課国民健康保険係(1階・内線 124)
  2. 後期高齢者医療制度の被保険者
    • 保険年金課後期高齢者医療・年金係(1階・内線127・128・129)
    • 宮城県後期高齢者医療広域連合 給付課(022-266-1021)

介護保険に関すること

  • 介護長寿課介護管理係(1階・内線 152・153・154)

※社会保険の人は、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:保険年金課
電話:022-384-2111