メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 分野別インデックス くらし・教育 健康 診断・相談 一人で悩まないで相談してください「こころの相談」

一人で悩まないで相談してください「こころの相談」

 ストレス社会と言われている現在、学校や職場での人間関係や、家庭の問題などで悩みを抱えている人が増えています。
 保健センターでは、不眠や不安、うつなどの心の悩みで困っている人を対象に専門医などによる「こころの相談」「児童思春期相談」を実施しています。

 「こころの変調」は体にいろいろな影響を与えています。元気に楽しく社会生活を送るには、体が健康でなくてはなりません。もちろん体だけでなく、心の調子も整えなければなりません。
 「いろいろと考え込んでしまい、最近あまり眠れない」「疲れがとれにくくて、気分も落ち込みやすい」などと強く感じたことはありませんか。精神的な悩みを抱えていると、疲れやすいなど、いろいろな症状が体に現れてきます。

「こころの変調」を強く感じたら

 保健センターでは、精神的な悩みのある人が、生き生きと自分らしく生活を過ごせるよう「こころの相談」「児童思春期相談」を開催し、心のケアサポートを行っています。
 「こころの相談」は、本人だけではなく、その症状に気付いた家族や友人なども相談することができます。精神的な悩みのある人には、その苦しみや思いを理解してくれる人や環境が必要です。自分を理解してくれる人がいることが、精神的な悩みのある人にとって大きな支えとなります。
 一人で悩まず、ぜひ「こころの相談」「児童思春期相談」に相談してください。
 ※問い合わせは、保健センター(電話022-382-2456)へ。

こころの相談

対象

イライラする、眠れない、気分が落ち込むなど、精神的な悩みや困りごとがある人、そのような悩みを抱えている人の家族や友人など

開設日

月1回(予約制)

場所

保健センター

相談員

精神科医師、保健師など

※開催日の前日までに保健センターに電話で予約が必要です(電話022-382-2456)。

児童思春期相談

対象

不登校や学校での不適応、家庭内暴力、閉じこもりなどの悩みがある人

開設日

偶数月第1水曜日

場所

保健センター

相談員

精神科医師

※開催日の2日前までに、保健センターに電話で予約が必要です。
※相談日以外でも保健師が随時相談に応じています。保健センターに気軽に相談してください(電話022-382-2456)。

Q&A

Q.「こころの変調」はどんな症状として現れるのですか?

A.「食事」「睡眠」「排せつ」などの際、主に次のような症状が現れます。

  • 食べても以前のようにおいしく感じられない。
  • 食欲がなくなり月に3kg以上もやせた。または食べ過ぎてしまう。
  • 眠れない。眠りが浅く何度も目がさめてしまう。
  • 30分おきにトイレに行きたくなる(内科的病気の場合を除く)。
  • 下痢の症状が続いている。

Q.周りの人が気付く「こころの変調」にはどんなものがありますか?

A.精神的な悩みがある人は、主に次のような態度をとったり、言葉を言ったりします。気付いた際は「何か心配事でもあるの?」と声を掛けるなど、気に掛けてあげることが大切です。

  • 「考えがまとまらない」「疲れやすい」「このごろ何をやってもおもしろくない」などと言う。
  • 仕事の効率が悪かったり、失敗したりすることが多い。
  • 表情に元気がない。
  • 人付き合いを嫌がるようになる。
  • 性格や目つきなどが変わる。

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456