メインコンテンツへスキップ

市長の部屋

空港と共生するまちづくり  

 

市長近影

 地域航空会社フジドリームエア ラインズによる仙台ー出雲線が話題になっています。就航記念として、一部期間を除き4月20 日から5月末まで片道なんと出雲らしくおめでたい7,777円!出雲大社や鳥取砂丘などがある山陰地方と東北地方の相互交流が盛んになるといいですね。

 国際または国内航空輸送網の拠点となる「拠点空港」は全国に28カ所あります。その中のひとつである仙台空港は、東北のゲートウェ イとして役割を果たすとともに名取市の地域資源でもあります。騒音対策をはじめ、地域の安心安全な環境整備に意を用いながら、空港所在都市として、そのメリットを本市の発展や地域経済の活性化につなげていくことは大切なことで、空港と共生するまちづくりを進めていきたいと考えています。  

 愛島西部工業団地に立地いただいている株式会社ジャムコエアロマニュファクチャリングは、航空機内装品における世界シェアがギャレー(厨房)でおよそ30%、ラバトリー(トイレ)でおよそ50%を 占める世界に通用する高い技術力を誇る企業です。市内にある工場では、航空機の機体となる部分を炭素繊維で作っています。

 空港のすぐ近くには、日本で唯一の国が設置したパイロット養成機関である航空大学校仙台分校があり、これまで3,900名を超える卒業生を送り出しています。こうした施設等が身近にあることを、 市民の皆さまが肌で感じる機会をつくってまいりたいと考えています。  

 市制施行60周年を契機に、あらためて名取市が持つ「地域資源」を再確認し、市民の皆さまにふるさとへの誇りと愛着をもっていただくと同時に、その魅力を名取ブランドとして市外に広く発信してまいります。

名取市長 山田司郎

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111