メインコンテンツへスキップ

市長コラム「縦走」

 「めぐってみれば・・・」

市長近影
   名取市長 山田 司郎

  気がつけばもう師走。いかがお過ごしでしょうか。

  今年は「めぐってみれば、つながりナトリ」をキャッチフレーズに市制施行60周年記念の各種事業に取り組んできました。事業に参加された皆さんが、名取市への愛着や市民としての誇りを感じていただけたなら幸いです。

 さて、名取市にはたくさんの魅力がありますが、その一つに暮らしの身近に海・山・川などの自然を感じられることが挙げられます。

 今年から「ゆりあげ周遊船」が就航し、私も広浦の自然と汐風を感じながら、復興が進むまちの姿を水上から眺めました。乗船中に歌や手拍子も飛び出し、みんなで楽しい時間を共有できました。  

 また、増田川では、産卵のためアラスカから帰ってきたサケの観察会があり、参加した子ども達と一緒に自然の雄大さと厳しさを目の当たりにしました。さらに、愛島では今月、もり上げ隊の皆さんが子ども達を連れて五社山に登る企画があるようです。その五社山の裏側(西側)に増田川の源流があります。そこから樽水ダムを通って宮城県農業高等学校の近くを流れ、イオンモールや下増田小学校の南側を通って、やがて広浦から太平洋に流れていきます。こうしてみると増田川は昔の2町4村をめぐるように流れているのが分かります。  

 「めぐってみれば、つながりナトリ」。自然と共生する名取市内をめぐってみれば、皆さんにつながりナトリを感じていただけると信じています。 

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111