増田の地図を見る

(きぬがさのまつ)

2.衣笠の松

市指定天然記念物

奥州街道・増田宿駅の検断屋敷跡に立つ老松

 奥州街道の開通に伴い、慶安3年(1650)仙台藩2代藩主伊達忠宗の時に増田宿駅を設置。そこには人馬の世話をする役所が置かれ、衣笠の松はその最後の検断菊池善蔵氏屋敷跡に立つ老松。樹齢300有余年、高さ5m余り、笠の形をしています。
 明治9年(1876)、明治天皇東北御巡行の折、随行者の木戸孝允(きどたかよし)が詠んだ「大君の立寄りましし陰なれば、衣笠とこそいうなかりけれ」より、衣笠の松と命名されました。

■増田2丁目2-1

問合せ先

[TEL]022-384-2111〈名取市文化・スポーツ課〉