閖上の地図を見る

(ゆりあげどてのまつなみ(あんどんまつ))

24.閖上土手の松並(あんどん松)

市登録文化財

250年の歴史を刻む、クロマツ並木

 名取川河口近くの南側堤防沿いに、140mに渡って続くクロマツ並木です。樹高25m以上、幹周3m以上の木も多く、現存する日本全国のクロマツ並木の中でも特筆されます。伊達藩によって遠州(現在の静岡県)から取り寄せ植えた松並木の一部と伝えられているこのクロマツ並木は、すでに250年を超える歴史を重ねています。

市民の声
夕暮れ時に、名取川上流に向かってあんどん松を眺めると、川面に夕日が反射し、並木が夕焼けを背にシルエットとなります。心の琴線にふれる、日本の風景です。

■閖上字新大塚

問合せ先

[TEL]022-384-2111〈名取市文化・スポーツ課〉