下増田の地図を見る

(びしゃもんどうこふん)

39.毘沙門堂古墳

市登録文化財

円筒埴輪が出土された大型の円墳

 5世紀中頃の築造と推定される、東北地方の中では大型の円墳です。大きさは、直径約50m、高さ約8m。すぐ北側の増田川によって、墳丘が削られ多少変形しています。また、墳丘の南側にあたる前方部の形から、帆立貝(ほたてがい)式の前方後円墳だった可能性もあります。ここから、窯で焼かれたと思われる朝顔形の円筒埴輪(えんとうはにわ)などが出土しています。

■杉ヶ袋字前沖54

問合せ先

[TEL]022-384-2111〈名取市文化・スポーツ課〉