館腰の地図を見る

(おうしゅうじのはなもも)

51.奥州路の花もも

愛らしく咲き誇る姿は、まちづくりのシンボル

 花ももは、伊達騒動で知られる原田甲斐の家臣が飯野坂・植松地区に帰農し、主君を慕って植栽したものと言われています。愛らしく、華やかに咲き誇る風情が地域を彩り、桃源郷を思わせると言われ続けてきました。昭和53年10月に、花ももを市の花として制定。市が求める、やすらぎのある豊かで住みよい理想郷づくりのシンボルとなっています。

市民の声
館腰地区コミュニティ運営協議会が中心となり、街道沿いの民家に花ももの苗木を配布し、植えていただいています。皆さん、花ももの里づくりの願いを込めて、丁寧な手入れをしてくれています。

■飯野坂・植松地区

問合せ先

[TEL]022-384-2111〈名取市政策企画課〉