館腰の地図を見る

(ぐぜいじとさんもん)

52.弘誓寺と山門

仙台藩から寺領を与えられた、格式ある寺

 真言宗の古寺、弘誓寺(ぐぜいじ)は9世紀前半に弘法大師空海が開いたと伝えられています。江戸時代には、仙台藩より寺領2貫文を与えられており、高い格式を持ち、旧名取郡内に末寺を16箇所も有していました。この寺の界隈の植松という地名は、かつて寺の門前にあった、弘法大師が植えた由緒ある松にちなんだものと言われています。

市民の声
弘誓寺には、東北一古い鐘があり、名取の自慢の一つです。

■植松4丁目2-66

問合せ先

[TEL]022-382-2815