メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 新着情報 [再掲]水道管の凍結に注意しましょう

[再掲]水道管の凍結に注意しましょう

11日から16日にかけて強い寒気が北日本の上空に流れ込み、気温の低下の恐れがあります。最低気温がマイナス4度以下になると、水道管の凍結や破裂などの事故が多くなります。風当たりが強く、屋外に露出しているところなどの水道管は特に注意が必要です。給水設備はお客様の財産であり、寒波で水道管が破裂すると、修理代は自己負担になります。

◆(凍結を防ぐには)

①夜間や長時間の外出時などは

水抜き栓で水を抜いておきましょう。

②発泡スチロールなどの保温材で

水道管を覆います。

③電気熱を利用した凍結防止帯を

水道管に巻きつけて、ビニール

テープで固定します。

 

 

◆(水抜栓とは)

・水道管を凍結から守るために設置されているのが「水抜栓」です。設置されている場所はご家庭により様々ですが、凍結させないように水道管の水を抜くための装置です。

・ハンドル式と電動式がありますので、普段から水抜栓の場所と動作を確認しておきましょう。

※水抜栓を閉めたら、下流側にある蛇口を必ずあけましょう。(大気圧で立ち上がりの水を落とさないと効果が出ません。ただし復帰させ水抜栓を開けた時は忘れずに蛇口を閉めてください。)

 

◆(もしも凍結してしまったら)

・蛇口の凍結はタオルをかぶせて、上から少しずつお湯をかけて溶かします。

・立ち上がり部分の凍結は、外ブタと内ブタを外し、管にお湯を少しずつかけて溶かします。メーターには決してお湯をかけないでください。

※お湯をかけるときは、やけどに注意してください。

 

◆(水道管が破裂した時は)

・水抜栓あるいはバルブを閉め、市指定給水装置工事事業者へ修繕を依頼してください。

(お急ぎの場合は、広報名取「水道修繕当番工事店(内部リンク)」でご確認のうえ、当番業者にご連絡ください。)

 

※問い合わせは水道事業所給配水係(市役所2階・724-7138)

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:水道事業所
電話:022-384-2111

担当係     : 給配水係
ダイヤルイン番号: 022-724-71 38