地区概要

 増田地区はJR名取駅(昭和38年まで「増田駅」)の東側の地域で、名取市のほぼ中心に位置する。
 市街地は、市役所、文化会館、 体育館をはじめとした公共施設や金融機関・商店等が集中している古くから市街地が発達した地域と、仙台空港アクセス線の開通により、その沿線周辺に商業施設や住宅が建ち並んだ新しい市街地があり、市内最大の人口を擁する地区である。
 また、多くの農地も存在しており、「せり」や「みょうがたけ」などの特産品も有名である。
 歴史的に見ると昭和30年の二町四カ村合併により増田町は、名取町 の一部となった。(旧増田町のうち現在は2つの行政区に分かれており、JR線路の東側の区域が増田地区である。)
  合併以前からすでに町制を行っていたように、奥州街道沿いの宿場町として発展した地区で、古くから人口が集積しており、 神社、寺も多く、文化財が多く存在している。

トップページへ戻る