メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 健康福祉部 保健センター 名取市特定不妊治療費助成事業

名取市特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)及び男性不妊治療の治療費助成事業について

 名取市では、平成21年4月から特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)を受けられたご夫婦の経済的な負担を減らすため、治療費助成事業を行っています。

 平成28年度から、男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)の助成を開始しました。

助成申請について

助成を受けることができる人

ご夫婦又はご夫婦のいずれかが市内に住所を有し、宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業(※2)の承認決定を受けていること

※治療期間及び申請日に、名取市に住所を有する方が対象になります。

助成金額

  • 治療内容「A」、「B」、「D」、「E」の場合は、一回の治療につき10万円を上限
  • 治療内容「C」、「F」の場合は、一回の治療につき5万円を上限
  • 治療内容 男性不妊治療の場合は、一回に治療につき5万円を上限
  • 支払った治療費から、県の助成額を除いた私費分が対象となります。

申請手続き

保健センター窓口に必要書類を添えて提出してください。

必要書類

①名取市特定不妊治療費助成事業申請書:保健センターにあります。

②宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し

③不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明の写し

④戸籍上婚姻をしているご夫婦であることが確認できる書類(戸籍謄本又は戸籍抄本、住民票謄本、外国人登録原票記載事項証明書のいずれか)

⑤住所を確認できる書類(3ヶ月以内に発行された住民票等、上記で住民票謄本を提出した場合には、改めて必要ありません。)

 ※同年度内に2回目の申請を行う場合は、前回提出した住民票の発効日から3ヶ月以内の申請であれば住民票の添付を省略することができます。

 ※申請時に印鑑と銀行口座(本人名義)の分かるものをご持参ください。

⑥請求書:保健センターにあります。

 ※「宮城県不妊に悩む方への特定治療費支援事業申請書」の写しをお持ちの場合は提出して下さい。(過去の申請回数等の確認のため)

(※1)申請期限 治療が終了した日の属する年度内(4/1~翌年3/31) に提出してください。

(※2)宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業とは、県が指定する医療機関において行われた特定治療に対して、費用の一部を助成するものです。詳しくは仙台保健福祉事務所岩沼支所(0223-22-2188)までお問い合わせください。

治療内容

助成対象となる治療は次のいずれかに相当するものです。

  • A…新鮮胚移植を実施
  • B…凍結胚移植を実施(採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1~3周期の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合)
  • C…以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
  • D…体調不良等により移植のめどが立たずに治療終了
  • E…受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等による中止
  • F…採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止
  • 男性不妊 精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術

  ※排卵準備前に男性不妊治療を行ったが、精子を得られない、又は状態のよい精子がえられないため治療を中止した場合も助成の対象となります。

(注) 採卵に至らないケース(女性への侵襲的治療のないもの)は助成対象となりません。

 

リンク:宮城県ホームページ 『不妊に悩む方への特定治療支援事業~不妊に悩む夫婦への支援について~』

問い合わせ先

仙台保健福祉事務所岩沼支所
電話:0223-22-2188

 

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456