メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 教育部 学校教育課 シリーズ2 閖上小中学校開校!

シリーズ2 閖上小中学校開校!

名取市で初めての施設一体型小中一貫教育校である「閖上小中学校」が平成30年4月に開校しました! 

所在地

 名取市閖上字佛文寺27番地 W-36-1街区1画地  

 電話:022-385-8180

閖上小中学校の写真

閖上小中学校

 

学校教育目標

 未来を創造し、生き抜く力を身に付け、「知・徳・体」の調和のとれた児童生徒の育成

校訓

 英 知  かしこく

 友 愛  やさしく

 健 全  たくましく

特色

4・3・2制による9年間の一貫教育

 発達段階を配慮した4・3・2制による滑らかな接続により、中1ギャップの解消や共感的な人間関係づくりを目指します。

  前期(1~4年)  夢や憧れを抱き、明るく元気にチャレンジする子どもを育てます。
  中期(5~7年)  夢に向かって、自ら学び、根気強く努力する子どもを育てます。
  後期(8~9年)  志を掲げ、その実現に向け、未来を切り拓く子どもを育てます。

魅力ある、特色ある学校

一部教科担任制と乗り入れ授業の実施

 教員の専門分野や教科の特性を生かした教科担任制を中期課程(5年生~)から一部導入します。基礎基本の定着を目指すとともに個々のつまずきを細かくケアするために、小・中学校の教員が相互に乗り入れ、学習指導を行います。

異学年交流の実施

 縦割り班による活動や行事をはじめとして、集会、部活動など学校生活のさまざまな場面で異学年交流を実施します。助け合いや思いやりの心を育てるとともにリーダーの育成も図ります。

英語教育の推進

 実践的なコミュニケーション能力を育てるために、1年生から外国語活動(英語)に取り組みます。  ALTの活用や海外の学校との交流を積極的に行っていきます。

ICTの活用

 楽しく、分かりやすい授業を目指してICT機器の活用を積極的に行います。情報活用能力や情報モラルを身に付けさせ、タブレット端末を導入するなど、最先端の教育に取り組みます。

地域の防災拠点としての学校

防災教育の推進

 閖上独自の防災教育の推進を図りながら未来の防災リーダーとなる資質を育成します。また、地域の防災拠点として防災訓練なども地域との連携を図っていきます。

地震・津波などの自然災害に備えたさまざまな対策

  • 鉄筋コンクリート造、4階建
  • 食糧や資機材などを備蓄する倉庫
  • 屋外避難階段の設置
  • 電気・給水設備などの確保
  • 屋上に1,000人が一時避難できる避難スペース

地域と連携し、地域とともに歩む学校

閖上学(郷土学習)を通しての生き方学び

 閖上地域の自然、歴史、文化、伝統を学ぶことにより、郷土に生きる人々の生活、文化、環境などを大切にしていくことのできる態度を育て、9年間の「生き方」学びを通して、未来を創造するための生き抜く力を育てます。

市内全域からの児童生徒の受入とスクールバスの運行

 閖上小中学校は市内で唯一、そして初めての小中一貫教育校ということで、入学希望があれば市内全域から児童生徒を受け入れます。
 学区外から通学する児童生徒の支援として、名取駅から小中学校までのスクールバスを運行します。
※現在運行されている被災児童生徒用のスクールバスについては、閖上小中学校開校後も、31年度までの間、引き続き運行します。

パンフレット

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:学校教育課
電話:022-384-2111