メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 震災復興部 生活再建支援課 応急仮設住宅の供与期間延長について

応急仮設住宅の供与期間延長について

応急仮設住宅の供与期間は2年以内から6年以内へ延長されていましたが、復興公営住宅等の恒久住宅の整備や自宅再建等になお時間を要する状況を踏まえ、宮城県が国と協議し、更に1年間の延長が認められました。そのため、供与期間は合計7年以内となります。

また、供与期間の延長に伴い契約の更新手続きが必要となります。居住している応急仮設住宅の種類(プレハブ仮設住宅・県営住宅・雇用促進住宅・借上げ民間賃貸住宅)によって手続きの方法が異なりますので、以下をご確認ください。

 

 プレハブ仮設住宅に入居している方

プレハブ仮設住宅へ入居している方は、供与期間を2年間から3年間へ延長する際に、新たに締結した契約書に供与期間を自動的に延長する条項が含まれているため、改めて手続きをしていただく必要はありません。

 名取市内県営住宅(応急仮設住宅扱い)に入居している方

県営住宅(応急仮設住宅扱い)へ入居している方は、供与期間を2年間から3年間へ延長する際に、新たに締結した契約書に供与期間を自動的に延長する条項が含まれているため、改めて手続きをしていただく必要はありません。

 雇用促進住宅愛島宿舎に入居している方

雇用促進住宅借受申請書に6か月ごとの自動更新する項目が含まれているため、改めて手続きをしていただく必要はありません。なお、詳細につきましてはSK総合住宅サービス仙台支所にお問い合わせください。

(SK総合住宅サービス仙台支所 電話 022-222-7855)

借り上げ民間賃貸住宅に入居している方

借り上げ民間賃貸住宅の期間延長の手続きは宮城県が主体となって行います。宮城県からの通知をお待ちください。

宮城県では、現在の契約終期の約6~8か月前に貸主様に対して、再契約の意思の確認を行います。貸主様の回答を受けて、入居者様に対して、宮城県から通知されます。なお、詳細については宮城県のホームページ(別ウィンドウで開きます)をご確認ください。

〒981-1224
名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
部署名:生活再建支援課
電話:022-383-6232