メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 目的から探す くらし・教育 年金・保険 後期高齢者医療保険 医療費の窓口負担割合が変わります

医療費の窓口負担割合が変わります

これまで、医療費の窓口負担割合は、所得によって1割と3割でしたが、令和4年10月1日より、1割、2割、3割の3区分となります。被保険者が一定以上の所得のある世帯の方は、窓口負担割合3割(現役並み所得者)の方を除き、2割になります。

無題

負担割合の判定基準は、フロー図のとおりです。

フロー図 910.34 kB

2割負担となる方については、令和4年10月1日から令和7年9月30日まで、外来診療における1か月の窓口負担増加額を3,000円までに抑える配慮措置があります。

配慮措置 980.79 kB

※制度改正の見直しに関する質問などは、国がコールセンターを開設しています。

 ☎0120-002-719 受付時間 月~土 9:00~18:00

【被保険者証の送付時期】

 令和4年度は被保険者証(保険証)が全被保険者に2回送付されます

  発送時期 保険証有効期限
1回目 7月中 ピンク 令和4年8月1日~令和4年9月30日
2回目 9月中 みどり 令和4年10月1日~令和5年7月31日

※令和4年10月から窓口負担割合が2割となる人については、2回目の送付時に2割の保険証を送付します。1回目の送付と窓口負担割合に変更がない人についても、2回目に延長した有効期限の保険証を送付します。

詳細については、宮城県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧いただくか、下記担当課へお問い合わせください。

宮城県後期高齢者医療広域連合ウェブサイト【外部サイトへリンク】

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎1階
部署名:保険年金課
電話:022-384-2111