メインコンテンツへスキップ

令和元年5月号

「令和元年を迎えて」

 令和時代の幕開けです。

 新しい時代が明るく穏やかで、市民皆様の幸多からんことを願います。

 かつて鳥海山から、日本海に沈む夕陽を見て思いました。

 「沈む夕陽は一日の終わりを告げる。どんな一日だったとしても、静かな夜の訪れは、私たちに憩いと安らぎを与えてくれる」

 ある時は、富士山の肩から昇る朝日を見て思いました。

 「昇る朝陽は一日の始まりを告げる。どんな一日になろうとも、新しい朝の始まりは、私たちに希望と活力を与えてくれる」

 日本の黎明期からこれまで、どれくらい陽は沈み、昇ってきたのでしょう。その間、どれほど多くの人が、何かを経験し、感じ、残してきたのでしょう。

 政治や経済など世の中の大きな動きだけではなく、毎日を暮らす人たちの日常の積み重ねがあってこそ今がある、そう感じずにはいられません。

 市制施行61年目となる名取市ですが、市役所と市民の皆様や地域との関わり方は、時代と共に変わってきています。しかし、市役所は市民皆様のためにあるということに変わりありません。

 人生100年時代、新技術革命の時代とも言われます。まさに変革の時だからこそ、変化を恐れず、変化に対応し、変化をチャンスに変える気構えとバイタリティを持って、市政運営の舵を取ってまいります。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111