メインコンテンツへスキップ

令和2年6月号

「心の絆」 

 最近、名取市の歴史や風土などを題材にした2つの「かるた」が作られました。ひとつは名取北高等学校の生徒さん達が、2019なとりこどもファンド事業に提案して作った「なとり令和『夢』かるた」です。  

 「き 北釜メロン クールボジャメロン 北釜クィーン」「く 弘誓寺 弘法大師が開山 東北一古い鐘」「け ゲンジボタル舞う初夏の川内沢川」「さ 笹かまぼこの発祥 名取閖上」「ろ 老女の信仰 今に伝える下余田の熊野三社」など、名取市の地域の特性や魅力をたくさん取り上げています。

 もうひとつは、「高舘はっする隊」が制作した「高舘かるた」です。

 こちらも三角油揚げや横穴墓群、本宮社の鹿踊りやいこいの森など、高舘地区の歴史や自然、食文化を反映した内容になっています。

 他にも、最近オープンしたイチゴ園や特産のリンゴ、藤原秀衡が築いたといわれる高舘城や源頼朝公の腰掛石、幾世小佐治の悲恋物語など、高舘に関する話題がいっぱいです。

 はっする隊の皆さんは、このかるたを通じて、高舘小学校の子ども達に高舘地区の素晴らしさを伝えたいそうです。

 このように多様な主体が、名取を愛し、その魅力を共有して、未来につないでいけたら嬉しいですね。

  私たちは、震災で多くを失う一方で、「人とのつながり」や「絆」という新たな価値に出会いました。そして今、その大切な「絆」が、新型コロナウイルス感染症によって危機にさらされています。

 今こそ市民や行政、地域や企業など、みんなで知恵を出し合い、心の絆を深め、力を合わせて、新型コロナウイルス感染症という新たな脅威に向き合う時です。

 心ひとつに乗り越えましょう。愛されるふるさとなとり~共に創る 未来へつなぐ~

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111