メインコンテンツへスキップ

令和2年9月号

「人そして共生のまちへ」

   新型コロナウイルス感染症が足元で広がりつつあり、予断を許さない状況が続いています。自然災害や熱中症との二重、三重の複合災害にも備えなければなりません。

 名取市では、地区別災害種別の避難所等の見直しや、感染症対策を考慮した備蓄を進めるとともに、コロナ禍での避難所開設訓練や、職員研修にも取り組んでいます。

 また、地域経済が疲弊する中で、地域の雇用と経済を支える事業者や、市民の皆さまへの支援にも引き続き取り組んでいきます。

 新たに制度化した「中小企業等事業対策推進応援金」や「中小企業等家賃支援金」、「マザー給付金」や「ひとり親世帯臨時特別給付金」など、幅広い支援に取り組んでいきますので、広報なとりやホームページなどでご確認ください。

 さて、この4月から第六次長期総合計画のまちづくりがスタートしました。テーマは「人」、そして「共生」です。

 子どもから高齢者まで、そして障がいの有無にかかわらず、また、国籍や性別にかかわらず、誰もが尊重され、そして必要とされ、地域の中で生きがいをもって安心して暮らしていけるまちにしていかなければいけないと思います。

 新型コロナウイルス感染症という未知の脅威への対応は待ったなしの状況ではありますが、市民の皆様と共に「愛されるふるさと なとり」の実現に向け、第18代名取市長として、職員ともども精進を重ねてまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111