メインコンテンツへスキップ

令和3年7月号

「心身の健康を大切に」

 コロナ禍で外出や運動、人と人との交流の機会が減り、心身の健康への影響が懸念される昨今です。

 私も仕事の行き帰りに歩いたり、時間を見つけて自転車に乗ったり、少しでも運動するよう心がけています。

 最近はスマホの健康アプリで毎日の歩数を計測しています。1日あたり8千歩が理想とも言われますが、今のところ年間平均で1万歩/日を超えていますのでまずまずでしょうか。

 名取トレイルセンターができてから、地域を歩くイベントが多くなり、また、サイクルスポーツセンターができて以降は、自転車で市内を周遊する人をたくさん見かけるようになりました。

 両施設を通じて、歩いたり自転車に乗ったりして「人力で旅する文化」を発信する名取市としては、市民の皆さんにも可能な範囲で実践していただけたら大変ありがたく思います。

 コロナ禍でなかなか行けませんが、山歩きは夏山シーズンを迎え、2000mクラスの高山も楽しめる季節になりました。

 地球を感じるスケール感、青い空、まぶしい緑、清風の匂い、鳥の声、冷たい雪解け水など、大自然に包まれて歩く山は、たくさんの癒しを与えてくれます。

 槍ヶ岳を中心とする北アルプスをはじめ、東北最高峰の燧ケ岳や鳥海山など、懐かしい景色が目に浮かびます。

 一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束に向かい、より自然な形で人と人が集い、交流し、心身共に健康なまちづくりが進むことを願っています。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111