メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 緊急情報 新型コロナウイルス感染症について 緊急経済対策 【個人向け経済支援情報】 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)の支給について

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)の支給について

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。
 このページでは、ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯についての内容を記載しています。
 ひとり親世帯以外の給付金は、住民税(均等割)が非課税の人が主な対象となります。申告が済んでいない人、収入がなかったため申告をしていない人などは、住民税の申告が必要です。未申告の場合、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を速やかに支給できない可能性があります。

ひとり親世帯給付金(令和3年度分)はこちらをご覧ください

1 支給対象者

次の①②の両方に当てはまる人(ひとり親世帯分の給付金を受け取った人は除かれます)

①令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障害児の場合、20歳未満)を養育する父母等

(※令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象になります。)

② ■ 令和3年度住民税(均等割)が非課税の人、 または

  ■ 令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった人(家計急変者)

【個人住民税(均等割)の非課税(相当)限度額】

 世帯の人数

(家族構成例)

非課税限度額
(基本額※ ×世帯の人数

+10万円+級地加算額※)

非課税相当限度額 
(非課税限度額+  

  給与所得控除額)  

2人(夫(婦)+子1人)  919,000円 1,469,000円
3人 (夫婦+子1人) 1,234,000円 1,877,000円
4人 (夫婦+子2人) 1,549,000円 2,327,000円
5人 (夫婦+子3人) 1,864,000円 2,777,000円
6人 (夫婦+子4人) 2,179,000円 3,227,000円
7人 (夫婦+子5人) 2,494,000円 3,668,000円

*この表は簡易版となりますので、状況(扶養親族の人数や所得控除の適用の有無等)により、判定が変わり、審査の結果と異なる場合があります。

2 支給額

児童1人当たり一律5万円(1回限り)

3 給付金の支給手続き

Ⅰ 名取市から令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を受けている人で令和3年度住民税(均等割)が非課税の人

▶ 給付金は、申請不要で受け取れます。

▶ 令和3年7月7日(水)に、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

※支給決定通知を送付しますのでお待ちください。

Ⅱ 上記Ⅰ以外の人(例:高校生のみ養育している人、家計急変者)

▶給付金を受け取るには、申請が必要です。

▶ 申請書に振込先口座などを記入して、必要書類とともにこども支援課の窓口に直接または郵送で提出ください。

※父母ともに児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度が高い方(所得が高い方)が申請者になります。

※公務員の方は所属庁(職場)から申請書に証明(児童手当受給状況)を受けてから提出ください。

▶ 申請受付後、支給要件に該当する人には、およそ3週間後に指定口座に振り込みます。

  

申請手続きに必要なもの 

口座登録等の届出書、申請書、申立書などの様式

申請受付期限

令和3年6月28日(月)~令和4年2月28日(月)必着(当日消印有効)

注意事項

 給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。
 住民税非課税を理由に給付金が支給された後に、修正申告により住民税(均等割)が課税されるようになった場合は、こども支援課まで連絡してください。

問い合わせ・申請は、こども支援課窓口までお願いいたします。

〒981-1292 名取市増田字柳田80

名取市こども支援課 家庭児童係

電話022-724-7119

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎1階
部署名:こども支援課
電話:022-384-2111

担当係     : 家庭児童係
ダイヤルイン番号: 022-724-71 19