メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 新着情報 防犯カメラを設置する自治会等への補助制度の申込受付を行います

防犯カメラを設置する自治会等への補助制度の申込受付を行います

防犯カメラを設置する自治会等への補助制度の申込受付を開始しますので、お知らせします。

平成30年の犯罪発生状況

昨年の犯罪発生状況についてご説明します。

本市では、岩沼警察署や名取市防犯協議会などとの連携による青色防犯パトロールの実施など、さまざまな取組を行ってきました。

これらの取組により、下の表にあるとおり、名取市内の刑法犯認知件数は減少傾向にあります。

           

  

 

  

  

平成29年

  

  

平成30年

  

  

増減

  

市内の刑法犯認知件数 574件 413件 -161件

 

しかし、犯罪は依然として発生しており、安心することはできません。

市民の皆様が犯罪の被害に遭わないようにするための防犯対策として、戸じまりの徹底や空き巣の防犯啓発のほか、防犯カメラを設置することも犯罪の抑止力として効果的な取組のひとつとなります。

今年度の防犯カメラ設置補助制度の概要

今年度の防犯カメラ設置補助制度を説明します。

本市では、自治会、町内会、防犯団体等が新たに設置する防犯カメラに対して補助金を交付する制度を実施します。

本制度は、犯罪の抑止を目的に実施するもので、補助対象となる防犯カメラや補助率は次のとおりとしています。

補助対象

公園、道路等の不特定多数の者が通過する公共の場所である防犯カメラが補助対象です。

駐車場、マンションの敷地内、ごみ箱のみなどを撮影する防犯カメラは補助対象外となります。

補助金交付額・補助率など

補助率 補助対象経費の3/4以内
補助限度額

30万円/台(1団体2台まで)

※補助金額の1,000円未満の端数は切り捨て

 

補助対象経費

・防犯カメラ機器の購入費及び設置工事費

・専用ポール設置工事費

・ケーブル設置工事費

・防犯カメラの設置を示す看板及び防犯カメラの設置地域であることを示す看板等の設置費

・その他設置に必要な費用

申込方法

事前申請書の提出

補助金申請の前に、事前申し込みが必要です。

申し込みが多数の場合は、公開抽選会により申請が可能な自治会を決定します。

詳しくは、下記のリンクよりアクセスし、募集要項などを確認していただき、事前申請書を防災安全課生活安全係へ直接ご提出ください。

申込期間

令和元年8月5日(月)から 令和元年9月6日(金)まで

最後に

防犯カメラは、犯罪抑止の効果が期待できるものです。ぜひ、この機会に当制度を活用し、防犯カメラの設置をご検討していただけたらと思います。

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:防災安全課
電話:022-384-2111