メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 新着情報 緊急通報システムの設置について

緊急通報システムの設置について

 おおむね65歳以上の病弱なひとりぐらしの高齢者が、自宅で急病や事故等により緊急に救援を必要とする場合、ボタンひとつで市が委託する警備会社に緊急事態を知らせ、必要に応じて救急車を手配したり警備員が駆け付ける「緊急通報システム」を導入しています。

<対象> ①・②すべてに該当する方

 ①名取市に居住する、おおむね65歳以上の病弱なひとりぐらしの方

 ②施設等に入所していない方

<料金>

 設置費用・機器貸与料・取外し費用は無料

 電話回線を利用する機器については、通報時に通話料が発生します

<申請方法>

 申請書、確約書※に必要事項を記入し、介護長寿課窓口へ提出してください。

 後日、市職員がご自宅に訪問し、ご本人の状態や設置箇所等を確認いたします。

<緊急通報受信センターの委託先>  同和警備㈱

* 固定型通報機器(固定電話をお持ちの方)

 緊急ボタン・ペンダント・センサー

本体
ペンダント
パッシブセンサー

* 携帯型通報機器(固定電話をお持ちでない方)

みまもりケータイ[1]

※申請書、確約書はこちらからダウンロードできます。

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎1階
部署名:介護長寿課
電話:022-384-2111

担当係     : 長寿健康係
ダイヤルイン番号: 022-724-71 11