メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 新着情報 集団接種における濃度の低い新型コロナウイルスワクチン接種の事案発生について

集団接種における濃度の低い新型コロナウイルスワクチン接種の事案発生について

名取市が行っている集団接種において、誤って濃度の低い新型コロナウイルスワクチンを接種するという事案が発生いたしました。

濃度の低いワクチンにより健康被害が生じることはありませんが、本来作られるべき抗体が基準値以下になってしまう可能性があります。

市民の皆様に大変なご不安とご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、再発防止に努めてまいります。

なお、市といたしましては、関係する市民の皆さま方のご協力のもと、下記の対応により、かかる事案に対応してまいります。

発生日時

令和3年10月9日(土)午前中

発生場所

名取市民体育館 集団接種会場

発生の経緯 

新型コロナウイルスワクチンは、1バイアルを生理食塩水で希釈し、6人分の接種ワクチンを作成いたしますが、午前中の接種終了時点において、使用ワクチンの数に対し、生理食塩水を一つ多く使用していることが判明いたしました。

ワクチンと生理食塩水の数は一致しなければならず、このことから、濃度の低いワクチンを6人分作成し、それを接種してしまった可能性が高いことが想定されます。

午前中に当該ワクチンを使用しましたが、可能性の高い時間帯の想定はできるものの被接種者の特定は至難な状況です。

発生の原因

午前中のワクチン接種の準備作業の過程において、希釈後の使用済みワクチンの容器に残っていた残液を、希釈前と勘違いし、これを再度希釈し、6人分のワクチンを作成してしまったものと思われます。

市民への対応

関係する市民の皆様324名に、文書により経過説明を行うとともに、抗体検査の受診をお願いし、その結果、抗体が基準値以下の場合は、再度ワクチンを接種していただくようお願いしてまいります。

濃度の低いワクチンの使用は、同日午前10時30分過ぎの可能性が高いと推定しておりますが、午前中に接種をされた方全員に経過説明の文書を送付し、希望される全ての方に抗体検査をさせていただきます。

再発防止策 

ワクチンを準備するにあたっては、細心の注意を払い、使用する用品の管理と数の確認・連絡体制を徹底し、同様の間違いを起こさないよう取り組んでまいります。

〒981-1292 名取市増田字柳田244
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話:022-796-8688