メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 新着情報 産後ケア事業がはじまります

産後ケア事業がはじまります

産後のお母さんの心身のケアや育児の支援等を行い、

安心して子育てができるよう、日帰りによる育児のサポートを受けることができるサービスです。

baby_dakko_mother

対象者

市内に住所を有する生後6か月までの乳児とその母親で、家族等から十分な家事及び育児の援助が受けられず、産後に心身の不調や育児不安等がある方

*医療行為が必要な方は対象外です。

利用期間

期間:出産後から6か月の間

回数:3回まで(利用できる施設は1か所になります)

サービスの内容

主にお母さんの心配事やお子さんの体調に合わせた支援を行います。

① お母さんの健康状態のチェックや休息

② 乳房ケアや授乳などの確認・相談

③ 育児の実技指導・相談

④ 育児相談窓口やサービスの紹介

*上の子の預かりはできません。

実施施設

名称 住所 電話
 春ウイメンズクリニック  名取市田高字南27-1  022-302-3188
 スズキ記念病院  岩沼市里の杜3丁目5-5  0223-23-3111 
 仙台赤十字病院  仙台市太白区八木山本町2丁目43-3   022-243-1111
 仙台ソレイユ母子クリニック   仙台市太白区大野田4丁目31-3  022-248-5001

利用時間

10時から16時まで

利用料

1回 900円 (所得により減免があります)

*自己負担金は県の助成により半額となります。

*サービス利用年の1月1日に、名取市に住所がない方は、前市町村の「課税証明書」が必要です。

<証明する年>・7月~12月利用の方は前年分

       ・1月~6月利用の方は前々年分

*キャンセルの場合、前日10時までに実施施設に連絡がない時はキャンセル料が発生する場合があります。

申請方法

保健センターにお電話でお問い合わせ・ご相談ください。

(ご本人がお越しになることが難しい場合は、ご家族の方が申請することもできます。)

申請に基づき、保健師・助産師が育児状況や産後の支援状況など、お話を伺います。

申請時の持ち物

• 母子健康手帳

• 印鑑

• (必要な場合のみ)市民税課税状況の分かる書類

申請する年の1月1日時点で、名取市以外に住民票があった方が同一世帯に居る場合は、住民票のあった市町村で発行される市町村民税(非)課税証明書を、申請書に添付してください。

申請時期

申請期間:妊娠32週から利用を希望する1週間前まで

• 妊娠中から申請する場合

下記窓口に相談のうえ、妊娠32週以降に「名取市産後ケア事業利用申請書兼情報提供同意書」に記入・提出いただき、申請を受け付けることはできますが、その時点では利用決定することはできません。出産後に改めてご連絡をいただき、産後の体調や育児状況、産後の支援状況を確認し審査したうえで利用する施設の調整を行うため、妊娠中は利用施設を決定することはできません。

<利用までの流れ>

①申請書記入

②利用状況確認

③審査

④利用決定(利用承認通知書を郵送します)

⑤利用予約(市または実施施設と日程調整し予約します)

⑥サービス利用(利用承認通知書と母子健康手帳を実施施設に提出してください)

⑦サービス終了後、利用料金納入

 利用料金の支払いは利用月ごとに保健センターから納付書をお送りしますので、金融機関にお振込み願います。

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456