メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム なとりのみりょく 記事一覧 宇宙を旅した「キバナコスモス」が花開く

宇宙を旅した「キバナコスモス」が花開く

宇宙を旅した「キバナコスモス」が花開く

東日本大震災から10年の節目に、宇宙から復興支援への感謝を世界に伝えようと実施された「東北復興宇宙ミッション」では、被災した東北沿岸部の各自治体から、様々な記念品が選ばれ国際宇宙ステーション(ISS)へと打ち上げられました。

名取市が記念品として選定したのは、宮城県農業高等学校の生徒の皆さんが「東北・みやぎ復興マラソン」の沿道に植え、ランナーたちを応援してきた「キバナコスモス」の種。

この活動は「オレンジロードプロジェクト」として「なとりこどもファンド」に採択されている事業でもあります。

同校から提供いただいた種は約1か月間のISS滞在を経て、無事、7月末に名取市へ帰還し、生徒の皆さんの手によってほかの種とともにプランターに植え付けられました。

順調に生育したコスモスは見事に花を咲かせ、今、広浦地区の沿道を彩っています。

ぜひ皆さんも、宇宙を旅したキバナコスモスを見にいらしてください。

「東北復興宇宙ミッション」の詳細はこちらをご覧ください((一財)ワンアースホームページへ移動します)

東北復興宇宙ミッション2021 | 一般財団法人ワンアース (the-one-earth.org)

DSCF8857S
丹精込めて育てたコスモスを丁寧にトラックから降ろしていく。
DSCF8898S
「オレンジロードプロジェクト」を実施するTeamオレンジ(宮城県農業高等学校農業経営者クラブ)の皆さん。
DSC_4108-S

令和3年8月27日に名取市役所で行われた「キバナコスモスの種」帰還式の様子。

右から(一財)ワンアース長谷川代表理事、宮城県農業高等学校の皆さん、山田名取市長。

DSC_4136S

宇宙を旅したキバナコスモスの種。

入れ物はNASA指定のもので、この状態でISSに送られました。

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎3階
部署名:なとりの魅力創生課
電話:022-384-2111

なとりのみりょく