自分だけの一閑張り籠バッグ

第1回 10月27日(水) 
講師 : 伊藤 かをる氏
内容 : 実技「1枚目の和紙張り」
コメント
 10月27日(水)~10月29日(金)の3日連続講座で「自分だけの一閑張り籠バック」作りを開催しました。講師に伊藤かをる氏をお招きし、アシスタントに春日キヨエ氏、山田保子氏にもご協力いただきました。講師に籠や和紙、飾り絵、取っ手紐などをご用意していただきました。初日は和紙を必要な大きさに切り、講師の指導を受けながら、籠に和紙を張っていきました。
第2回 10月28日(木) 
講師 : 伊藤 かをる氏
内容 : 実技「2枚目の和紙張り・取っ手準備」
コメント
 講座2日目は、手順としては1日目と同じになります。昨日張った和紙の上に2枚目の和紙を張っていきました。また、講座の後半の時間では、くじ引きをして選ぶ順番を決め、3日目の仕上げの時に張る飾り絵と取っ手を選びました。飾り絵は先生が和紙に一枚一枚手書きで書いてご準備をしてくれた、紫陽花、椿、アヤメから選び、取っ手紐は着物生地を利用し色々な柄の取っ手をご用意してくれていたので、皆さん楽しみながら選びました。
第3回 10月29日(金) 
講師 : 伊藤 かをる氏
内容 : 実技「飾り和紙張り・取っ手付け」



コメント
 最終日には、初日に渡されていた古書の和紙と、前日に選んだ飾り絵を、自分のセンスで張り乾かしました。乾いたら、柿渋を塗り、柿渋も乾いたら、最後に取っ手を付けて出来上がりです♪
 今回は三日連続講座ということもあり受講生同士や講師とも親睦が深まっているのをとても感じました。受講生からは楽しい講座を受講できて良かったという声も多かったです。
 また、一閑張り籠バックの作成は、講師の指導も大変わかりやすく、皆さん思い思いの素敵な自分だけの一閑張り籠バックを作ることができました!