那智こども大学

第1回 6月11日(土) 
内容 : 入学式・企画会(活動内容の話し合い)


コメント
 子ども大学は、2002年にドイツのチュービンゲン大学で始まり、日本では2009年に「子ども大学かわごえ」が初めて発足。子どもの学ぶ力や生きる力の向上および大学やNPOなどの連携による地域の教育力の向上を目的としています。那智が丘地域では、「2021なとりこどもファンド」に採択された『#カタクリっ子』の活動が地域に刺激を与えました。その活動を活かし継承することにより地域で地域の子どもを育てる仕組みを定着させることを目的に那智が丘公民館講座として開催することになりました。
 那智こども大学に参加してくれたのは、小学生6名、中学生2名の計8名です。第1回目は入学式と、どんな活動を行っていきたいかを全員で話し合う企画会を開催しました。地域の大人3名も協力者として参加していただきました。企画会では、那智こども大学のキャッチフレーズを決めようということになり、あいうえお作文「なちっこだいがく」に決定しました。
 な:なかよく ち:ちいきのひとたちと こ:こどもと
 だ:だいすきなちがおか い:いっしょに が:がんばって
 く:くらしをもっとゆたかに

 子どもたちの豊かな発想がとても頼もしく、やりたいこと、活動したいこと、アイデアが沢山でました。次回開催の7月3日(日)に活動内容を全員で決定する予定です。とても楽しみです。
 
第2回 7月3日(日) 
内容 : 企画会(2回目)、キャッチフレーズ、校章、こども祭りの名称・出し物
    の話し合い


コメント
 那智こども大学企画会の2回目は1名が欠席し7名の学生で始まりました。協力者は5名、陪席者として生涯学習課から佐藤係長も参加され、にぎやかな企画会になりました。前々日(7月1日)にリーダーによる事前打合せを行い、今回話し合うことを4つに整理してくれていたので、そのテーマに沿って順序良く進めていきました。意見が沢山出たことと、祭りの名前を決めるにあたって一人ひとりの考え方を引き出し、単純な多数決による決め方ではなく、賛成や反対の理由を述べさせ、他の人の考え方を聞いた後、再度多数決をとったり、更にそれでも納得できない場合は他の人を説得させる反対理由を述べたりして、納得感が得られるような進め方を行い、予定時間をオーバーして熱心な熟議を行いました。
①キャッチフレーズについて
 ・あいうえお作文が文章になるように3カ所を修正、追加して以下の文章になりました。
『なかよく ちいきのひとたちと こどもが だいすきなちがおかを
いっしょに がんばって くらしをもっとゆたかにしよう』
②校章について
 ・那智小の校章のようなシンボルマークにするか、#カタクリっ子のななちゃんやからあげくんのようなキャラクターがいいか、意見を出し合った結果、キャラクターを作ることに決まりました。キャラクター作りは、だれか一人に任せるのではなく、各自が考えたイメージを持ち寄って次回決定することにしました。
③那智こども祭りについて
 ・沢山の意見が出されたので、各自持ち帰りで次回決めることになりました。
開催日は、令和4年10月15日(土)か16日(日)を候補として、開催場所は那智が丘公民館(全館を使用する)とする。
 ・出し物については、二つのグループに分かれて、それぞれがやりたいことを付箋紙(ポストイット)に書いて大きな紙に貼り付け話し合いました。
次回の企画会は、7月31日(日)10時から開催します。子ども達のキラキラした瞳に増々期待が膨らんできました。とても楽しみです。