メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 健康福祉部 保健センター 予防接種 ロタウイルスワクチンについて

ロタウイルスワクチンについて

ロタウイルス感染症・ワクチンについて

ロタウイルス感染症は、主に乳幼児を中心に感染し、冬から春先にかけて流行します。主な症状は、急性胃腸炎(ロタウイルス胃腸炎)で、突然の嘔吐、発熱に続き、水様性の下痢がみられ、回復には1週間ほどかかります。脱水症になる可能性は高く、けいれん、肝機能障害、腎不全、脳症等をまれに合併することがあります。脱水症状が強い場合や合併症を併発した場合には入院が必要となることがあります。予防接種を受けることで、重症化予防にも効果があると言われています。

ロタウイルスワクチンは、1価生ワクチン(ロタリックス)と5価生ワクチン(ロタテック)の2種類があり、接種方法はどちらも経口接種です。いずれのワクチンも、ロタウイルス胃腸炎に対して同様の予防効果が認められていますが、他のウイルスに起因する胃腸炎を予防することはできません。

接種するワクチンの種類によって、接種期間や回数が異なります。

対象者・接種期間

1価(ロタリックス):生後6週から生後24週未満

5価(ロタテック):生後6週から生後32週未満

接種回数・間隔

1価(ロタリックス):27日以上の間隔をおいて2回

5価(ロタテック):27日以上の間隔をおいて3回

※初回接種は、生後14週6日までに行うことが推奨されています。

※接種完了まで、最初に受けたワクチンと同じワクチンを接種してください。

実施医療機関

市内実施医療機関

宮城県広域化医療機関 → 保健センターにご連絡ください。

持ち物

母子健康手帳、予診票

予診票は赤ちゃん訪問で配布します。お手元に届かない場合は、保健センターにお問い合わせください。 

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456

担当係     : 母子保健係