メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 健康福祉部 保健センター 熱中症に気を付けましょう

熱中症に気を付けましょう

熱中症は「気温の高くなりはじめ」や「湿度の高い日が続く梅雨時」など、気候変化に体が慣れないこの時期に増加し、7月から8月に多発する傾向があります。

また、今夏も引き続き、新型コロナウイルス感染症予防を行いながら、熱中症予防に取り組むことが求められています。

熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲に熱中症が疑われる方がいないかにも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症の症状

熱中症症状(厚労省)

(1)I度(現場での応急処置で対応できる軽症)

  • 手足がしびれる
  • めまい、立ちくらみがある
  • 筋肉のこむら返りがある(痛い)
  • 気分が悪い、ボーっとする

(2)重症度II度(病院への搬送を必要とする中等症)

  • 頭ががんがんする(頭痛)
  • 吐き気がする・吐く
  • 身体がだるい(倦怠感)
  • 意識が何となくおかしい

(3)重症度III度(入院して集中治療の必要性のある重症)

  • 意識がない
  • 身体がひきつる(けいれん)
  • 呼びかけに対し返事がおかしい
  • まっすぐに歩けない
  • 身体が熱い

主な応急処置

自力で水が飲めない、応答がおかしい時は、ためらわずに救急車を呼びましょう!

熱中症対応(厚労省)

障害や病気を持っている方は

例えば脊髄損傷やパーキンソン病、糖尿病等の方はうまく汗をかけない等で体温調節がうまくできずに熱中症の危険が高くなる場合や、

のどが渇いていることに自分で気が付くことができないかた、水分補給を自分でうまく行うことができない方もいます。

また、車いすを使用されている場合は高温の地面により近いため、体温が上昇しやすい環境にいます。

基本的な予防対策は一般の方と同じですが、高齢者や子供と同様に暑さ指数(WBGT)の目安を1ランク上げ、熱中症対策を行うことが必要です。

災害時の熱中症予防

被災や避難生活に伴う疲労・体調不良・栄養不足により熱中症リスクが高くなる可能性があります。避難生活では普段以上に体調管理を心がけましょう。

やむを得ず車中泊をする場合、車両は日陰や風通しの良い場所に駐車しましょう。車用の断熱シート等も活用しましょう。

また、乳幼児を車の中で一人にさせないようにしましょう。

水分補給児童イラスト(環境省)

野外ではマスクを外しましょう

屋外では、マスクの着用により皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなり、熱中症のリスクが高まります。

特に、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者の方々は、より注意する必要があります。

屋内でもマスクが必要ない場合があります。

・人との距離(2m以上を目安)が確保できて、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

・マスクを着用する場合でも、屋内で熱中症のリスクが高い場合には、エアコンや扇風機、換気により、

温度や湿度を調整して暑さを避け、こまめに水分補給をしましょう。

熱中症予防に関する参考情報

(1)環境省熱中症予防情報サイト 

スマホ用QR

(PC・スマートフォン)

https://www.wbgt.env.go.jp/

携帯用QR

(携帯電話)

https://www.wbgt.env.go.jp/kt/

(2)LINEアプリを活用した熱中症警戒アラート・暑さ指数の情報配信

LINE用

(LINE)

https://www.wbgt.env.go.jp/sp/line_notification.php

(3)資料

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456