メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 健康福祉部 保健センター 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う名取市主催イベント・会議等の考え方について(令和4年9月12日)

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う名取市主催イベント・会議等の考え方について(令和4年9月12日)

1 趣旨

 本市におけるイベント・会議等の開催については、これまでも市民等の生命と安全を確保するため、開催の可否を判断する基準を定めて実施してきたところである。
過般、8月26日の宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、名取市主催のイベントや会議等の考え方について、次のとおり基本的な考え方を定めるものとする。
 なお、この基本的な考え方については、国の基本的対処方針や県主催イベント・会議等の考え方等が変更されるなど、状況に変化があった場合には適宜見直しを図るものとする。

 

2 市主催のイベントについて

(1)基本的な考え方
  ① イベント開催は、「新しい生活様式の定着」を前提とする。

「新しい生活様式」
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

<イベント開催制限等目安について> 以下の人数上限・収容率のいずれか小さい方

  イベントの類型 収容率 人数上限
 A 

大声なし

クラシックコンサート、演劇、舞踊、伝統芸能、演芸、講演、式典、展示会等

100%   5,000人又は
収容定員50%以内のいずれか大きい方
B

大声あり

ロック・ポップコンサート、スポーツイベント、公演、イベント等

50%

※「大声あり」、「大声なし」のエリアを明確に区分して開催する場合、それぞれ50%(大声あり)・100%(大声なし)

 

(2)イベント開催等における必要な感染防止策

① 飛沫の抑制の徹底  ・適切なマスク着用の励行や大声を出さないことの徹底
② 手洗、手指 ・会場出入口、トイレ等へのアルコール等消毒液の設置やアナウンス等の実施
③ 換気の徹底  ・こまめな換気(1時間に1~2回、5~10分程度)
「効果的な換気のポイント」
https://www.mhlw.go.jp/content/000968526.pdf
④ 来場者間の密集回避 ・時間差の入退場の実施
・休憩時間や待合場所における密集回避のための人員配置や動線確保
・人と人とが触れ合わない間隔、前後左右の座席との身体的距離の確保(大声ありの場合は1~2mあける)
⑤ 飲食の制限 ・飲食中以外のマスク着用の推奨 ・長時間マスクを外す飲食は、可能な限り飲食専用エリア以外(例:観客席等)は自粛
⑥ 参加者等の感染対策  ・有症状者(発熱又は風邪等の症状がある者)は、参加を控えるよう徹底する。
・声を発出する参加者間の感染対策としてパーテーションの設置等感染対策を徹底する。
⑦ 参加者の把握・管理等  ・入場時の検温、発熱等症状の確認により有症状者の入場防止を徹底する。
・国の接触確認アプリ(COCOA)、みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)の
登録推奨や連絡先の確認など参加者の把握に努める。
 
「イベント開催時のチェックリスト」

https://www.pref.miyagi.jp/documents/35634/checklist0909.pdf

 

3 市主催の会議(審議会、説明会等)について

 ① 実施する場合は、感染防止策を徹底する。
 ② ウエブ会議の積極的な活用を図る。

4 市が共催、後援等を行うイベント・会議等及び地域の行事について

上記2(1)(2)に準じた取り扱いをイベント・会議等の主催者等に要請する。

5 感染症対策と熱中症対策について(夏期で気温・湿度が高い場合は、次の点にも留意する。)
 ① マスク着用の場合は、強い負荷の作業や運動は避け、こまめな水分補給を呼びかける。
 ② 人との距離を十分に確保し、適宜マスクを外して休憩を取ることを呼びかける。
 ③ 冷房時でも適宜換気を行い、室内温度が高くならないように、エアコンの設定温度を下げるなどの調整を図る。

 

屋外・屋内でのマスク着用について こどものマスク着用について

〒981-1224 名取市増田字柳田244
保健センター
電話:022-382-2456