メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 健康福祉部 こども支援課 児童扶養手当と公的年金給付の併給が可能になりました

児童扶養手当と公的年金給付の併給が可能になりました

これまで、老齢年金や遺族年金、障害年金などの公的年金を受給している方は、児童扶養手当を受給することができませんでした。しかし、児童扶養手当法が一部改正され、平成26年12月以降は、公的年金などの受給額が児童扶養手当の受給額よりも低い場合に限り、その差額分の手当を受給することができるようになりました。

児童扶養手当とは

  • ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。
  • 受給できる人は、父親または母親のいない家庭(行方不明や重度の障がいがある場合を含む)で児童を扶養している父親、母親または家族などです。
  • 手当の支給対象となるのは、児童が18歳になる年度末までです。

今回の改正により新たに手当を受取れる場合

  • お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している
  • 父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している 
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している など  

支給開始日

手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで公的年金などを受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26年12月1日に支給要件を満たしている方が平成27年3月までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。

請求手続きについて

児童扶養手当を受給するためには申請が必要です。
受給の可否や、申請に必要な書類が支給要件ごとに異なりますので、事前にこども支援課までお問い合わせください。

*問い合わせは、こども支援課児童育成係(一階・内線197)へ。

児童扶養手当

児童扶養手当は、父又は母と生計を同じくしていない児童を育成する家庭の生活安定と自立を促進し、児童福祉の増進を図るため、18歳の年度末までの児童(又は、20歳未満で政令で定める程度の障害の状態にある方)を監護する母又は父、又は父母が監護しないときは、その児童を養育する者に対して支給されます。

 

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:こども支援課
電話:022-384-2111