メインコンテンツへスキップ

令和5年度のワクチン接種について

 

接種券がお手元にある方のご予約は、インターネットが便利です。 インターネット予約サイトはコチラ

令和5年9月20日から令和5年秋開始接種を実施しています

※初回接種がお済みでない方も引き続き接種できます。

 現在、令和6年3月までの予約を受け付けています。今後の接種は、令和6年3月31日まで、個別接種での実施となります。

 新型コロナワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき受けていただくものです。ワクチン接種には副反応などのリスクも生じます。自ら情報収集し、副反応のデータなども参考に、慎重に判断してください。

<ワクチン副反応報告件数(医療機関からの報告分)>※令和6年1月26日厚生科学審議会資料を基に作成

 

副反応疑い報告数

(報告頻度)

うち重篤報告数

(報告頻度)

うち死亡報告数

(報告頻度)

※ファイザー社(推定接種回数)

:小児・乳幼児含む11,527,295回

※モデルナ社(推定接種回数):1,404,138回

※ノババックス社(令和5年12月25日で接種終了):343,624回

※接種開始日:令和5年9月20日

(1価:オミクロン株XBB1.5対応ワクチンでの接種開始日)

ファイザー

31

(0.0003%)

16

(0.0001%)

8

(0.0001%)

小児用ファイザー

0

(0.0000%)

0

(0.0000%)

0

(0.0000%)

乳幼児用ファイザー

0

(0.0000%)

0

(0.0000%)

0

(0.0000%)

モデルナ

13

(0.0009%)

5

(0.0004%)

2

(0.0001%)

ノババックス

43

(0.0125%)

12

(0.0035%)

1

(0.0003%)

接種後の副反応・予防接種健康被害救済制度についてはこちら

令和5年秋開始接種

①接種できる期間・回数

令和5年9月20日から令和6年3月31日までの間に1回

②対象者

初回接種(1・2回目接種)を終えたすべての方

※前回の接種日から3か月以上の接種間隔が必要です。

③使用するワクチン

オミクロンXBB.1.5系統の株に対応した1価ワクチンの使用を基本とします。

詳細は、次のページをご覧ください。

12歳以上の方 令和5年秋開始接種について

5~11歳の方 小児(5~11歳)のワクチン接種について

6か月~4歳の方 乳幼児(6か月~4歳)のワクチン接種について

初回(1・2回目接種)

令和6年3月31日まで、引き続き初回接種を継続します。詳細は次のページをご覧ください

12歳以上の方 12歳以上の初回接種について 

5~11歳の方 小児(5~11歳)のワクチン接種について

6か月~4歳の方 乳幼児(6か月~4歳)のワクチン接種について

 

令和5年9月20日以降に使用するワクチンの説明書はこちら

 

その他のワクチン接種に関すること

(1)ワクチン接種の予約方法について

 市内で接種を希望する方は、事前予約が必要です。予約の際は、接種券をご用意ください。

  ※前回接種を名取市以外で接種されて転入した方は手続きが必要です。

 

  ※再発行を希望する方は手続きが必要です。

 

①インターネット予約

インターネット予約サイトはコチラ

②コールセンターへの電話予約

名取市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター  電話:0570-000-574

平日(月曜日~金曜日) 9:00~17:00  

③【電話での予約が難しい方むけ】FAX予約

聴覚障害等により電話での予約が難しい方向けに、FAXで予約を受け付けます。FAX予約希望表を記入の上、FAXしてください。コールセンターよりFAXにてご回答します。予約状況等により、ご希望に添いかねる場合があることをご了承ください。

(2)市外のかかりつけ医療機関等での接種について

市外のかかりつけ医療機関等で接種を希望する場合は、接種の可否や予約方法等を医療機関へお問い合わせください。

 (3)単身赴任等で住民票所在地と異なるところに居住し、居住地市町村で接種を希望する場合

次のページをご覧ください。  

住民票所在地以外の自治体で接種を希望する場合(住所地外接種の手続き)

(4)ワクチンを接種する際の留意事項

【ワクチンは本人の意思】

 新型コロナワクチンについては、国内外の数万人のデータから、発症予防効果などワクチン接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して接種が勧められているものです。しかしながら、接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。接種を望まない方に接種を強制することはありません。また、受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

 厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aはコチラ

【ワクチン接種への公的関与】

 これまで、コロナワクチンの接種については予防接種法に基づいた公的関与(接種勧奨及び努力義務)の規定が適用されていました。接種勧奨とは、市や県が予防接種を受けることを勧奨するものであり、努力義務とは、接種者やその保護者は接種を受けるよう努めなければならないといった規定です。

 令和5年秋開始接種以降の接種(初回接種を含む)については、65歳以上の高齢者及び基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと医師が認める方にのみこの規定が適用されます。それ以外の方は、今後のワクチン接種の目的が重症化予防であることを踏まえ、適用を除外されました。

【ワクチンを接種する際は】

 ①接種間隔を確認しましょう。

 ②新型コロナワクチン接種の前後2週間は他の予防接種(インフルエンザの予防接種は除く)を接種できません。

 ③接種日時点で住民登録をしている市町村が発行した接種券が必要です。

(5)接種後の留意事項

 ①ワクチンを受けた後は15分以上は接種会場で座って様子をみてください。

 ②ワクチンを受けた当日は、激しい運動を控え、接種部位を清潔に保ちましょう。

(6)副反応について

 一般的にワクチン接種後には、体が免疫をつけるための反応を起こします。主な副反応としては、注射部位の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、倦怠感、寒気、発熱などがあります。

 治療を要したり、障害が残るほどの副反応は極めてまれではあるものの、ゼロではありません。重大な副反応としては、急性アレルギー反応であるアナフィラキシー等があります。接種後に気になる症状が続く場合には、かかりつけ医など身近な医療機関へご相談ください。

 ※接種後の副反応・予防接種健康被害救済制度についての詳細はコチラ

(7)ワクチン接種にかかる証明書の発行について

 ①ワクチン接種後に接種会場・医療機関で交付される「接種済証」がワクチンを接種したことを証明する公的書類です。

 ②「接種済証」を紛失した場合は、窓口または郵送で再発行が可能です。問い合わせ:☎022-796-8688

  ※名取市に転入・転出した方は、接種日時点の住民登録市町村へお問い合わせください。

 ③新型コロナワクチンの接種証明書(ワクチンパスポート・電子版)がスマホで取得できます。詳しくはコチラ

 ④新型コロナワクチンの接種証明書(ワクチンパスポート・紙版)の発行については申請が必要です。詳しくはコチラ

〒981-1292 名取市増田字柳田244
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話:022-796-8688