メインコンテンツへスキップ

名取市で保有する江戸時代の寺子屋や庶民教育に関わる歴史資料について

意見、要望の内容

 江戸時代の寺子屋や庶民教育に関わる歴史資料について、市で把握しているものを教えていただけませんか。

 

回答内容

 まず、『日本教育史資料集』八(文部省、1903年-1904年)では、

宮城県内の私塾・寺子屋について、所在地名(町村まで)、開業・閉業年や生徒数、塾の代表者等が表にまとめられていて、

現名取市内の私塾・寺子屋について記載があります。国立国会図書館のデジタルコレクションで閲覧が可能です。

さらにこの文献の表と同様のものが『宮城県史』第11(宮城県史編纂委員会、1959年)や『名取市史』(名取市史編纂委員会、1977年)、

『仙台藩歴史事典』(仙台郷土史研究会、2012年)にも記載されています。

 また、『名取郡誌』(名取教育会、1973年)には「教育」という項目の中の、明治以降に成立した学校の沿革概要の解説で、

ごく一部ですが明治五年の学制領布前(尋常小学校の前身となる寺子屋)について記述されています。

 加えて、名取市教育委員会 文化・スポーツ課 文化財係では

かつて「おらほの学校」というテーマで企画展示を行っていて、寺子屋・私塾について紹介しています。

その展示については現在名取市HPの文化財係のページでご覧いただけます。以下、該当ページのリンクです。

 https://www.city.natori.miyagi.jp/bunya/culture/node_31377/node_32388

 この企画展で紹介されている「明治16年教育沿革史料材」は、『「教育沿革史料材」の翻刻』(関山 邦宏、2000年)に翻刻が載っています。

「明治16年教育沿革史材料」は宮城県公文書館が所蔵していますが、『「教育沿革史料材」の翻刻』は名取市図書館にも所蔵されています。

 

担当課

文化・スポーツ課 文化財係 電話:022-724-7176

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎3階
部署名:なとりの魅力創生課
電話:022-384-2111