メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 企画部 市民協働課 消費生活相談について 【契約トラブル】成人年齢が18歳になります!

【契約トラブル】成人年齢が18歳になります!

民法改正で2022年(令和4年)4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

成人に達すると親の同意を得ずに契約ができるようになります。

18歳(成人)になったらできること

・クレジットカードが作れる

・ローンが組める(借金ができる)

・賃貸住宅の契約ができる

・民事訴訟を起こせるなど・・

20歳(これまでの成年年齢)になってからできること

・飲酒

・喫煙

・公営ギャンブル

・国民年金を納める義務など・・

未成年者は取引の知識や経験が乏しく、判断能力も不十分なため、契約で不利益を被らないように法律で保護されています。未成年者取消と言います。

しかし、未成年が成人の誕生日を迎えると・・

社会経験も判断能力も何も変わっていないのに、1日で法律の保護はなくなります。契約を結ぶかどうか、本人の責任となります。悪質業者などのターゲットにされるかもしれません。

「困ったな」「どうしよう」と思ったら、一人で悩まず、ご相談ください。

 

名取市消費生活相談窓口

名取市役所3F 市民協働課内

022(724)7165 (窓口直通)

受付時間:午前9時~午後4時

(土日、祝日、年末年始を除く)

〒981-1292 名取市増田字柳田80 本庁舎3階
部署名:市民協働課
電話:022-384-2111

担当係     : 名取市消費生活相談窓口
ダイヤルイン番号: 022-724-71 65