メインコンテンツへスキップ

洞口家住宅

《国指定》有形文化財 建造物

 洞口家住宅は、敷地1,500坪以上、周囲は幅3mの堀といぐね(防風林)に囲まれています。由緒については詳しいことはわかりませんが、古くから「たてのい」・「たてやしき」と呼ばれる旧家です。主屋(おもや)(母屋)は、寄棟造(よせむねづくり)、茅葺(かやぶき)、石場建てで、桁(けた)行(ゆ き)12間(25m)、梁間(はりま)6間(11m)、床面積242㎡(約73坪)を有する大型農家の建物です。建物内部は 座敷(茶の間)と土間の間仕切りがなく、床上が四間取り(田の字型)となる名取地方に古くから見られる特徴的なもので、「名取型」と呼ばれています。

                          
洞口家住宅外観
 

 土間には「ほいと柱」「うしもち柱」「よめかくし柱」などの太い独立柱が数本立っており、特に土間と座敷の境の真ん中にある立派な独立柱(復元)は他に例がなく、この家の格式(かくしき)の高さを示しています。建築年代は、祈祷(きとう)礼(ふだ)や年縄の数、建築の様式などから江戸時代の宝暦年間 (1751~1763)と考えられています。
 なお、この洞口家住宅は主屋だけでなく、その後、敷地及び馬屋と表門(長屋門)についても景観上重要な要素であるとして、併せて国指定となっています。

所有者:洞口 京一 
電 話:022-385-1908
所在地:名取市大曲字中小路26

交通案内

  • JR名取駅から約3km
  • バス
    乗合バス「なとりん号」閖上線で「多賀神社前」下車 徒歩約5分
アクセスマップ
説明板

部署名:教育部文化・スポーツ課
▼文化振興係、文化財係、スポーツ振興係
〒981-1292 名取市増田字柳田80
電話:022-384-2111