メインコンテンツへスキップ

経筥

(有形文化財)美術工芸品

経筥の写真
 経筥は、経櫃と同じく新宮寺文殊堂に伝わった、一切経を収納するための筥(はこ)で、全部で67筥が現存しています。1つの経筥には、10巻ずつ経巻が入 れられて、経筥ごと経櫃へ収納されたものと思われます。経筥はいずれも横幅44cm、奥行30.8cm、深さ4.6cmの長方形の筥で、外面のみ赤漆を 塗って仕上げられています。長方形に組んだ木枠の底部分の両端と中央に幅4.6cmの細長い板を貼ったもので、板と板の間には隙間が見られます。年号など の墨書銘は確認されていませんが、仕上げの方法が経櫃と共通することなどから、経筥は経櫃と一緒に製作されたものと考えられます。

部署名:教育部文化・スポーツ課
電話:022-384-2111
▼文化振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7175
▼文化財係
〒981-1224 名取市増田1-7-37
ダイヤルイン番号:022-724-7176
▼スポーツ振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7177