メインコンテンツへスキップ

鈴釧

(有形文化財)美術工芸品

鈴釧 写真
 鈴釧(すずくしろ)の用途については、これまで古墳から出土した人物埴輪(はにわ)の着装例から、鈴の付いた腕輪であることが知られています。
 熊野堂横穴墓の鈴釧は、平成元年に発掘調査を行った熊野堂横穴墓群A地区にある第28号墓の玄門入口床面から出土したもので、正円形の輪に5個の鈴を取り付 けた銅製の釧(くしろ)(腕輪)です。大きさは、輪外径7.4㎝、内径6.4㎝、輪幅0.5㎝、鈴径2.0㎝を計り、また、鈴は保存状態が良く、現在もき れいな澄んだ音色を奏でています。
 なお、東北地方で出土している鈴釧では、鈴が6個付く例は、福島県いわき市弾正作47号墓、同福島市黒岩字浜井場(東京国立博物館所蔵)、宮城県柴田町炭 釜横穴B地区8号墳出土があり、また、鈴が5個付く例は、福島県相馬市坪田(東京国立博物館所蔵)、宮城県名取市熊野堂横穴群A地区第28号墓、同仙台市 太白区大年寺第4号横穴などから発見されています。

部署名:教育部文化・スポーツ課
電話:022-384-2111
▼文化振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7175
▼文化財係
〒981-1224 名取市増田1-7-37
ダイヤルイン番号:022-724-7176
▼スポーツ振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7177