メインコンテンツへスキップ

毘沙門堂古墳

(記念物)史跡

毘沙門堂古墳の写真
 毘沙門堂(びしゃもんどう)古墳は、現海岸線から約2kmの標高2m程の旧浜堤上に立地する古墳で円墳とすれば、直径50m、墳丘の高さ8mの県内でも最 大級となるものですが、墳丘南側が張り出したように崩れた形状になっているため、帆立貝(ほたてがい)式の前方後円墳ではないかという考えもあります。
 墳丘には葺石(ふきいし)などの施設は確認されていませんが、古墳のまわりから薄手の円筒埴輪(はにわ)が採集されているほか、墳頂付近からは土師器(はじ き)破片などが発見されています。なお、平成6年の集中豪雨で墳丘北側が一部崩壊した際、円筒埴輪と朝顔形埴輪がまとまって発見されています。埴輪の出土 状況から、墳丘部北側に同時に配列したものと考えられ、埴輪の焼成には窯(かま)を使用していたことがわかりました。

交通案内

  • 仙台空港アクセス鉄道美田園駅から約1km
  • バス(なとりん号)
アクセスマップ
毘沙門堂看板

部署名:教育部文化・スポーツ課
電話:022-384-2111
▼文化振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7175
▼文化財係
〒981-1224 名取市増田1-7-37
ダイヤルイン番号:022-724-7176
▼スポーツ振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7177