メインコンテンツへスキップ

五郎市遺跡・宇賀崎古墳群

歴史資料

五郎市遺跡・宇賀崎古墳群の写真
 五郎市(方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ))遺跡と宇賀崎古墳群は、JR名取駅の西南約3kmに位置し、市内西側の高舘丘陵から東へ分岐し平野部に張り出す、標高20m前後の小豆島丘陵に立地しています。
 五郎市遺跡は、昭和59~61年度にかけて発掘調査され、方形周溝墓7基と円形周溝墓1基が確認されました。方形周溝墓は、いずれも隅丸長方形の溝を巡ら すものですが、周溝内側の区画から主体部(埋葬施設)は検出されませんでした。規模の最も大きな第5号方形周溝墓は、長軸17m,短軸14.6mで、副葬 品として、古墳時代前期(約1600年前)の土師器(はじき)の壷・鉢や管玉(くだたま)などが周溝内から出土しています。

 宇賀崎古墳群は6基確認されており、第1号墳は、松崎地区の丘陵南端に立地し、昭和47年に発掘調査した結果、一辺20m、高さ2m程の方墳で、割竹形木 棺(長さ6.5m,幅0.85m)の主体部だったことがわかりました。出土した遺物から、この古墳は4世紀に造営されたと考えられています。なお、この方 墳の北約300mの尾根上には、低い墳丘で不整な台形状を呈する5基の古墳(第2~6号墳)が隣接して分布しています。
 このような状況から、五郎市方形周溝墓群と隣接する宇賀崎古墳群(低墳丘墓群)は、仙台平野の初期古墳の発生に関連する重要な遺跡となっています。

※割竹形木棺=竹を二つに割ったように、「U字」形にくり貫いた木を二つ合わせた形をした棺。

アクセスマップ

部署名:教育部文化・スポーツ課
電話:022-384-2111
▼文化振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7175
▼文化財係
〒981-1224 名取市増田1-7-37
ダイヤルイン番号:022-724-7176
▼スポーツ振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7177