メインコンテンツへスキップ

千体仏・地蔵堂

歴史資料

千体仏・地蔵堂の写真
 千体仏(せんたいぶつ)・地蔵堂(じぞうどう)は、下増田の北釜にある光明山観音寺の参道入口脇に所在しています。この観音寺は、高舘熊野堂の真言宗熊野山新宮寺の末寺で、閖上の観音寺の管掌となっていますが、現在は下増田本村の東光寺が代理で管掌しています。
  千体仏は、地蔵堂内の上段正面に一体の地蔵菩薩座像(じぞうぼさつざぞう)(極楽浄土の阿弥陀如来((あみだにょ)らい)を表わす)を中心に、両脇に五体 の地蔵菩薩(十王思想による十王様を表わす)を安置しており、十数段のひな壇に一体ごと表情や姿の異なる大小数百の地蔵菩薩立像(極楽浄土の阿羅漢(あら かん)の姿=仏の弟子となり悟りを得た者で我々現世の姿を描写した姿)を並べて配置されています。
 この千体仏堂のように、整然とした江戸時代の姿で現存すものは、県内の千体仏を祀る地蔵堂の中で例が少ないものとなっています。

交通案内

仙台空港アクセス仙台空港駅から約0.5km

  • 徒歩約5分
アクセスマップ

部署名:教育部文化・スポーツ課
電話:022-384-2111
▼文化振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7175
▼文化財係
〒981-1224 名取市増田1-7-37
ダイヤルイン番号:022-724-7176
▼スポーツ振興係
〒981-1224 名取市増田字柳田570-2 仙台法務局名取出張所2階
ダイヤルイン番号:022-724-7177