メインコンテンツへスキップ

現在地 ホーム 組織別インデックス 水道事業所 水道管の凍結に注意しましょう

水道管の凍結に注意しましょう

 

注意

 

 気温がマイナス4度以下になると、水道管が凍結する可能性が高まります。

 水道管が凍結した場合、水が出なくなる、あるいは水道管が破損してしまう場合があります。

 

シンク漏水

 

今週の木曜日頃まで、最低気温が0度を下回る日が続くと予想されているので、引き続き水道管の凍結対策をお願いします。

屋外の露出配管や日が当たらない・風当たりが強い箇所などは、凍結しやすいとされているので特に注意してください。

 

給水管などの給水設備は個人の財産であり、破損した場合、修理代は自己負担となります。

また、それに伴って生じた水道料金についても減免の対象にはなりませんので、あわせてご留意ください。

 

 

水抜き栓を活用しましょう 

凍結のリスクを回避する方法の一つとして、水抜き栓の活用があります。

水抜き栓とは、水道管内部の水を抜き、凍結のリスクを下げることができる器具です。(図①)

普段から、ご自宅の水抜き栓の位置や操作方法を確認しておきましょう。

アパート・マンション・借家等にお住まいの方は、管理会社や大家さんに水抜き栓の位置を確認しておくようにしましょう。

 

水抜き栓使用方法.jpg

 

水抜き栓の種類及び操作方法

地下式手動水抜き栓

 建物の外(庭のメーター付近や建物の脇など)に設置されています。ハンドル部分を時計回り(右回り)に止まるまで回します。

 

地下式手動

 

遠隔式手動水抜き栓

 建物内にハンドルがあり、ハンドル部分を時計回り(右回り)に止まるまで回します。

遠隔式

 

 ※手動の水抜き栓の場合、ハンドルを完全に閉め切っていないと、凍結や漏水につながりますのでご注意ください。

 

電動水抜き栓

 建物内(トイレや洗面所など)に操作盤があり、ボタンを操作し、水抜きを行います。

電動式

 

ご自宅の水抜き栓の種類を確認し、操作を行ってください。

 

水抜き栓を閉めた後は、宅内の蛇口を開け、水が完全に出なくなることを確認してください。

再び水を使う際は、すべての蛇口が閉まっていることを確認してから通水してください。

 

 

その他の凍結防止策

メーターボックス内に保温材を入れ、水道メーターや止水栓の凍結を防ぐ

○水道メーター凍結防止

 

露出配管は発泡スチロールなどの保温材で覆う

○凍結防止策

  

 

凍結・破損してしまったら…

水道管や蛇口が凍結してしまった場合、タオルをかぶせて上から少しずつぬるま湯をかけてください。ただし、水道メーターには決してお湯をかけないでください。

急に熱湯をかけると、ひび割れや破裂の原因になりますので注意してください。

配管工

 

凍結解消の見込みがない場合や水道管が破損してしまった場合は、名取市指定給水装置工事事業者に修繕を依頼して下さい。

※お急ぎの場合は、水道修繕当番工事店にご連絡ください。

 

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:水道事業所
電話:022-384-2111

担当係     : 給配水係
ダイヤルイン番号: 022-724-71 38