【東日本大震災における地元企業、団体の支援活動紹介】
パナソニック仙台工場 ガンバ大阪×ベガルタ仙台戦にサッカーチームの小学生20名を招待

東日本大震災で被災した小学生の一日でも早い立ち直りを支援したいと、パナソニック仙台工場より、6/15(水)仙台のユアテックスタジアムにて開催されたサッカーJリーグの「ガンバ大阪×ベガルタ仙台戦」に閖上少年サッカーチームの小学生20名が招待されました。

この子どもたちは毎年恒例のパナソニック仙台工場「Panasonic杯 ちびっ子サッカー大会」に出場しているチームの小学生です。

チケットはべガルタ仙台からの無料招待でした。

津波にてユニフォーム、ボール等流されてしまいましたが、パナソニック仙台工場からは帽子をガンバ大阪からは練習用ユニフォームを頂いての試合観戦となり、みんな大はしゃぎでした。

また、試合終了後には日本代表の遠藤選手他ガンバの主力選手によるサイン会・握手会が実施され、思い思いの選手からサインをもらう子供たちの表情には活気が溢れていました。

このページを閉じる