メインコンテンツへスキップ

児童手当

法律の改正により、「子ども手当」は平成24年4月分の手当から「児童手当」にかわりました。

変更点として、平成24年6月分(10月支給分)からは所得制限が導入されます。前年の所得が所得制限額未満の人は支給額が変わりませんが、所得制限額以上の人は、児童の年齢にかかわらず支給対象児童1人につき、一律5,000円の支給になります。

1、受給できる方は?

支給対象の児童を養育する父母等(児童が施設入所している場合は施設で受給)

2、支給対象となる児童は?

国内に居住する0歳から中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)までの児童(留学等の場合は児童が海外に居住していても支給対象となることがあります。)

3、手当月額は?

  支給対象となる児童 月額
所得制限額未満の場合(変更なし) 3歳未満 15,000円
3歳~小学生 第1・2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生 10,000円
所得制限額以上の場合(6月分~) 中学生以下1人につき 5,000円

4、所得制限限度額

扶養親族等の数 所得金額 収入額の目安
0人 622万円 833,3万円
1人 660万円 875,6万円
2人 698万円 917,8万円
3人 736万円 960,0万円
4人 774万円 1,002,1万円
5人 812万円 1,042,1万円

※児童を養育している父または母などのうち、高い方の所得が基準となります。

5、支給について

原則として、6月、10月、2月の年3回、各支給月の11日(その日が土曜日・日曜日などの休日の場合は、その前日)に、その前月までの分が支給されます。

6、申請手続について

お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したときは、児童手当の各種申請が必要です。(公務員の方は勤務先に申請してください)

原則として申請した月の翌月分からの支給となりますが、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給されます。申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。

申請は窓口と郵送にて受付けております。(郵送申請の場合、受付日は郵便物が担当窓口に到達した日となりますので、お早めにご提出ください。)

 

児童手当の申請書類のダウンロードはこちら

新規に申請するとき(お1人目の出生や、市外からの転入など)

 支給対象となる児童が増えたとき等(お2人目以降の出生など、手当の額が増減するとき)

 7、申請手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 申請者の健康保険被保険者証の写し(会社員・厚生年金加入の方)
  • 申請者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳・キャッシュカードなど)
  • 申請者及び配偶者の所得・課税(非課税)証明書 (所得額、所得控除額、扶養人数等が確認できるもの)
  • マイナンバーカード、または通知カードと顔写真付き公的身分証明書(運転免許証・パスポートなど)

 

※所得・課税(非課税)証明書は、下記該当者のみ提出が必要になります。

 支給開始月が平成29年5月までの方で、平成28年1月1日時点に名取市以外で住民登録していた方

  …平成28年度所得・課税(非課税)証明書

 支給開始月が平成29年6月以降の方で、平成29年1月1日時点に名取市以外で住民登録していた方

  …平成29年度所得・課税(非課税)証明書

 

※所得・課税(非課税)証明書は各対象年度の1月1日にお住まいだった市町村役場からお取り寄せ願います。また、配偶者が税法上の控除対象配偶者である場合は、配偶者の所得・課税(非課税)証明書は不要です。

※その他、児童と別に暮らしている場合や離婚協議中、自分の子どもでない子どもを養育している場合、児童が海外へ留学している場合などに該当する方は、別途提出していただく書類がありますので、担当係までお問い合わせください。

 

また、児童手当のほかに子ども医療費助成制度があり、対象となるお子様がいる場合はこちらも別途申請が必要ですので、ご注意ください。

 

8、現況届について(毎年6月に提出)

現況届は、毎年6月1日に児童手当を受給している人が、今後も手当を受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するために提出していただくものです。毎年5月末に現況届一式をお送りします。提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、提出を忘れないようにご注意ください。

お問い合わせ

名取市役所 こども支援課
TEL:022-724-7119

〒981-1292 名取市増田字柳田80
部署名:こども支援課
電話:022-384-2111